未分類

せかほし ベルギービール

https://twitter.com/maruru931/status/1405365152908648452?t=KLsce9Oitb7gA2FoZBKsyw&s=19 

 

「世界はほしいモノにあふれてる「心ときめく極上ビールを探す旅 ベルギー」」

ランビックビールが紹介されました。

二人で東京のバーに出掛けてオードブルを一口で口に運び、案の定喋れなくなり、お店の人に顔やばいと言われた日だよ。

色んなフレバーを試していましたね。

 放送後、一時問い合わせが集中してサーバー落ちてしまったそうです。

https://twitter.com/4869Usa/status/1150413472221388802?t=ghylQSsOrhcQmdrg2PwncQ&s=19 

 https://twitter.com/JJToyonaka/status/1149998444578082816?t=CfW95UJ_ueXnFgW6PVeEGA&s=19 

春馬くんが飲んで、おいしい!といったランビックビール

酵母菌を使っている為、味は酸っぱいそうです。

私は呑めないので聞いた話ですが。

脂っこい物、肉料理に合うタイプ。呑んでいると癖になる味と聞きました。

番組で取り上げられた物は今の時期は在庫がないみたいです。元々話題のベルギービール、せかほしで人気爆発みたいですね。

ランビックは、ベルギービールの一種。ベルギーの首都ブリュッセルの南西に位置するパヨッテンラント(オランダ語版)地域でのみ醸造される、特色のあるビールのスタイルである。

伝統的なランビックの樽

慎重に培養した醸造用酵母を使って発酵させるエールやラガーの製法と異なり、ランビックは自然発酵で造られる。自然発酵は、ブリュッセルを縦断するゼンネ(英語版)の谷に自然に生息すると言われている野生酵母とバクテリアにさらされることで起こる。この珍しい工程により、ドライで、ワインやシードルのようなわずかな酸味という特有のフレーバーがビールに加わる。

培養した酵母ではなく、醸造所の中や周辺に棲息する野生酵母を使って発酵させる。その酵母の種類は86種類にも及ぶ。野生酵母を用いることで、ビールの発酵に通常用いられる酵母では分解できないデキストリンまでもが分解されるため、3年後には糖分が全体の0.2%ほどになる。ランビックは、野生酵母によってもたらされる乳酸とフェノールを由来とする特徴を持つ。乳酸は酸味とタクアンに似た香りを、フェノールは天然皮革に似た香りをランビックに与える。

他の醸造所から野生酵母が既に入った麦汁を購入して醸造を行っている醸造所のことを「ブレンダー」と呼ぶ。なお、正式に「ランビック」と呼称することができるのは、パヨッテンラント地域やゼンネ川沿いにある醸造所だけである。

こちらから一部抜粋しました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF 

 

 

 

 

 

 

 

Source: 明日がくることの奇跡。はるちゃんに会いたくて