芸能

古畑任三郎の名言~春馬ロス

 

 

 

 

 

 

古畑任三郎シリーズって

 

実は わたし

 

あんまり見たことがなく、、、

 

そういえば 最近再放送していたなあ、、、

 

って思い出して、

 

古畑任三郎に詳しい友人に

 

いろいろ聞いてみた。

 

 

 

三谷さんの脚本もいいんだなあきっと。

 

田村正和さんと三谷さんと

 

音響効果の三位一体かな~

 

 

 

 

「お察しします。しかし。しかし、あなたは死ぬべきではない。たとえすべてを失ったとしても、我々は生き続けるべきです。

私はこれまで強制的に死を選ばされてきた死体を数多く見てきました。彼らの無念な顔は忘れることはできません。

彼らのためにも我々は生きなければならない。それが我々生きている人間の、義務です。」

 

 

「よろしいですか。よろしいですか?たとえ、たとえですね。明日死ぬとしても、やり直しちゃいけないって誰が決めたんですか?

誰が決めたんですか?まだまだこれからです。」

 

 

 

 

 

津川雅彦さんが演じる

 

自殺しようとする小説家に

 

古畑任三郎が語ることば。

 

なんだか

 

春馬さんが無念だったのでは?

 

と勝手に想像してしまい、、、、

 

無念かどうかわからないんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 
 
 

イベントバナー

 

 
 
 
 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ      

Source: ひとりで生きていくために