芸能

いっぱい春ちゃんの話しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

私の母は本当におかしな人だった

好奇心旺盛すぎで

仕事をリタイアした後も

ボランティアだのお稽古事だので

一週間のうち家にいることが

ほとんどない人だった

 

 

 

 

 

 

 

 

根っこはそこそこ黒いのにwww

面倒見が良く

無駄に明るいので

そこらじゅうの人から

「お母さん」と呼ばれていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は末期がんで

逝ってしまったのだけれど

特に入院の必要もないのに

一人だと不安だからと

病院を宿代わりにする人なのだが

さすがに病院側も特に何も治療する案件のない人を

長々と置いておくこともできずに

一時帰宅を言い渡し

彼女は渋々家に帰って行ったのだけど

彼女が退院をするときなぜか病院のエントランスに

パジャマ姿のかたがずらっと並び

がん患者に向けて

「元気でね」と涙を流して見送っていたのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今となってはこれも彼女を思い出すときの

大爆笑エピソードだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして退院から2週間も経たないうちに

「不安だから」という理由で

またまた病院へ舞い戻るのだけれど

その時も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おかえり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと言われ

涙で再会を喜び合っていたことは

もはや鉄板ネタwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母が逝く5年前に

父もガンで旅立ったのだけれど

7月に亡くなったため

それはそれは暑くて

葬儀の日は一日仕事で本当にへとへとだった

それでも遺族として

ご会葬者のかたをお見送りするまでは

ほっとすることなどできるはずもないのに

喪主の彼女はお見送りの際どこにも

姿が見えないな~

と、思っていたら

一人だけちゃっかりと

お着替えを済ませていたのだったwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由

着慣れない着物の帯が苦しすぎたから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らしい^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でしょうねwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちはこんな程度ではないのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に落ちは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと葬儀屋さんが

「あの~、喪主さまはどちらでしょうか?」

「御忘れ物されておられるのですが……。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れ物?

はて?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お父様、お忘れです💦」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は自分のお着替えに一所懸命で

父の骨壺をそこらへんに

置き忘れていたのだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……………………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

からの~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大爆笑~~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなの?あの人はwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな逸話(?)を彼女はまだまだ持っていて

彼女のそんなこんなを話し出すと

彼女に会えなくなって

もう10年以上であるにもかかわらず

今でもひとしきり大笑いができ

何時間でも話していられる

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかこんなにも早く彼女を失うとは

思ってもおらず

悲しい気持ちも

何でうちの親だけ……。

と、悔しい気持ちもまだあることも本当だけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって事あるごとに

彼女の話をすることで

どこか救われる気もしているし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやっていつまでも彼女を

語れるということは

私の心に中に彼女が

存在し続けているということかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことをここ最近ずっと考えている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春ちゃんのことも

そんなふうにできたらいいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼も悲しみだけを残していったわけではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんただの視聴者だから

彼の私生活など知っているわけではないので

私が母を語るようにはできないけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの作品で

たくさんのキャラクターを生きた彼を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラエティーでど天然を

惜しげもなく披露していた愛すべき姿を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どのキャラクターが一番好き?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「『火曜サプライズ』に出たときさぁ、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『しゃべくり007』の

「どぉ~も~」めっちゃ好きなんですけど~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこよくて

可愛くて

一所懸命で

天然で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな春ちゃんを

いっぱい話したいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔も

胸キュンも

幸せも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんいただいたもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しいや寂しい、悔しい

それはもちろん消せはしなけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以上に幸せな時間を

たくさんくれた彼の

楽しい話をたくさんしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中の“三浦春馬”は

永遠に生き続けている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふふふ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そやな。いっぱい春ちゃんの話しよ。」

 

 

 

 

 

 

 

(出典 taiyounokomovie)

 

 

 

 

裕之さんの話だって山盛あるぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: 春の風