芸能

今日もtourist♬

いつもありがとうございますお願いキラキラ
今日も、ツーリスト-tourist
引っ張らせてくださいチュールンルン
しかも、前回と同じ記事から引用しますお願い
ネタバレではないけど、
まだドラマを観ていらっしゃらない方、
楽しみに取っておきたい方は
遠慮なくスルーして下さいねウインク注意
飛行機地球飛行機地球飛行機
ドラマ全3話で共演した女優さん達。
同世代、年下、年上キラキラ
それぞれに自分を置き換えて、
妄想の世界に連れて行ってくれましたおねがい
上にリンクしたインタビュー記事内で
春馬くんは、3人の女優さん達への感想を語っていました。
ピックアップさせていただきます鉛筆ハート

流れ星「バンコク篇」水川あさみさんについて

(春馬くん談)
「水川さんはいつ何時(なんどき)も自然体。芝居においても変につくりこまず、そのときの自分の感受性や相手の芝居に向き合って、自由に演じてくれる。3度目の共演ですが、安心できる仕事のパートナーだと思っていますし、今回も水川さんが相手だからこそ異国の地でも気兼ねなく芝居に臨めました」

流れ星「台北篇」の池田エライザさんについて

(春馬くん談)
「この年齢でこんなに周りを見渡せる女優さんはなかなかいない」

「台北は撮影スケジュールが一番タイトで。中でもエライザちゃんは主演ということもあって一番大変だったと思うんですけど、その中で天真爛漫に振る舞う瞬間もあれば、すごく面倒見が良いなと思う瞬間もあって。細かいところまでよく目を配れる方だなって、僕を含めみんなが感心させられました。お芝居も密度が高いというか、内容のつまったお芝居をする方で。これまで見てきた彼女の印象とはまた全然違って、すごく新鮮でした」

流れ星「ホーチミン篇」の尾野真千子さんについて

(春馬くん談)
「いい意味で、本当にまだわかっていないです」と自分でも少し驚いているような表情を浮かべた。

「この『ホーチミン篇』は天久真の中にある母親像が浮き彫りになる回。母親を労る気持ちと、母親の周りに男性の影が見え隠れすることで生まれる少しの嫉妬心と。そういういろんなよくわからない感情と向き合いながら、それこそ僕自身の母親像も投影させつつ、真を演じていました。そんな僕に対し、尾野さんは母性のようなものを身にまとい対峙してくれた気がして。おかげで僕自身、すごく神秘的な気持ちになれた。そういう意味でもめちゃくちゃ印象深いですね、尾野さんとのお芝居は」

共演の女優さん達のこと、ちゃんと見て

真摯に語っている春馬くん
こんな風に、真剣に答えてくれたら、女優さんも嬉しいと思うおねがい
※インタビュー記事よりお借りしました

(春馬くん談)

彼女たちはみんな旅のゴールがある。でもそこに辿り着くまでの間に迷ったり何かに縋ったりしたくなる瞬間があって。

(中略)

真のおかげで女性たちが強さを手に入れているように見えるんだけど、僕からすると、彼女たちが手にした強さはちゃんと最初から自分の中にあった気がするんですね。」

真=春馬ハート

「真のおかげで」を「春馬のおかげで」に置き換えてみました爆笑キラキラキラキラキラキラ

春馬くんは、周りの人を引き立たせる人。

春馬くん自身も、眩しいほど輝いているのに。
春馬くんと共演した人達は、幸せそうハート


Source: 春馬くんへの想いを語る部屋