未分類

2学期を迎える子供たちに

例年なら2学期を迎える9月1日。今年は、コロナの緊急事態宣言下で延期になったり、リモート授業になったりとまだまだ学校に安心して行くことができません。

それはそれで、違うストレスを感じているのかと思います。

9月1日を迎える今年も強く思い出してしまいます。

今日は、樹木希林さんと娘さんのお話。

内田也哉子(以下・内田):私が初めて「9月1日」について聞いたのが、母が亡くなる2週間前、2018年9月1日でした。

入院中だった母が病室で窓の外を眺めながら「死なないで、ね……どうか、生きてください」と絞り出すようにつぶやいていたんです。
当記事は不登校新聞の提供記事です
あまりに突然の出来事に驚きましたが、母は「今日、死ぬ子がたくさんいるのよ」って説明してくれたんです。
石井志昂(以下・石井):そこまで樹木さんが心を砕かれていたのは、なぜなのでしょうか。
内田:あそこまで打ちひしがれていたのは、やっぱり今まさに自分が「死」に向かっていたからなのかな……と。もう長くないことは、お医者様からも伝えられ、1カ月の入院期間中には何度も危篤状態になっていました。
死が現実的に迫ってきたときに、子どもたちが命を絶っていること、そして、たぶん自分の孫や子どもを持って、命の尊さみたいなものが身をもってわかったからこそ、こんなに理不尽な、もったいないことはない、と。

命の重さは軽いも重いも無いはずです。大きな犯罪に繋がらないためにも。

虐待されている動物を救いましょうの署名協力お願いします。

Source: 明日がくることの奇跡。はるちゃんに会いたくて