芸能

三浦春馬さん A社はWebサイトでその一部を名指しして注意喚起「事実ではない事柄に基づく書籍」A社がきちんと否定し、事実を証明してこなかった対応に原因がある

しかしながらその一方で、一部の団体または個人の方による、三浦春馬に関する事実ではない事柄に基づく書籍の販売やSNS等を利用した発信に、我々としても心を痛めております。そういった行為に対して、引き続き当社は毅然(きぜん)として対応していきます。
ファンの皆様におかれましても、購入・参加・拡散などされませんよう、くれぐれもお願い申し上げます。

芸能事務所のA社は4月27日、三浦春馬さんについて、根拠のないデマ情報を発信しているWebサイトや動画、電子書籍があるとして、Webサイトでその一部を名指しして注意喚起した。

三浦春馬さんに対する事実ではない事柄に基づく書籍の販売やSNS等に、心を痛めているようです。

たしかに、事実に反することを言いふらしたり、ましてや販売行為を行うことなどは許されることではありません。

書籍とは、東山氏が書かれた書籍のことでしょう。

指摘の書籍を読みました。読むに堪えがたい内容もありました。事務所も読まれたんですね。具体的に、どこが、事実ではないのでしょうか

確かに事務所とは反する情報があり、ショッキングで耐えられない内容が多かったのですが、著者の東山氏は500万円もの大金を自腹で払って裏の人たちにも話を聞き、自分の足で半年ものあいだ調べあげたと書いてありました。
事務所がきちんと否定し、事実を証明してこなかった対応に原因があります。

私は正直言って、この書籍に書かれていた内容は信じていないのですが

事実ではない事柄に基づいているのであれば、注意喚起を行うだけではなく、ぐうの音も出ないほどの確固たる証拠と共に、ズバリと「真実はこうです」と教えていただきたいです。

その方が、変なデマや誹謗中傷なども増えずに済むと思うのですが。

A社も、小手先で誤魔化そうとしてるんですよね。
SNSが発達する前の昔なら、A社方式の誤魔化しも効き目があったかも。
今は、色んな情報が表に出るから、A社方式は古くて誤魔化し切れないのでしょう。

1日も早く、真実が明るみになりますように…。