未分類

三浦春馬さん 違和感しかない…。 A社の注意喚起は即座に報じる中『天外者』偉業を伝えない理由… 何かしらの圧力によるものなのか、はたまた忖度なのか⁉︎  

三浦春馬さんがファンの前から姿を消してから、9ヶ月が経過する。

8月6日には柳楽優弥さんや有村架純さんと共演の『太陽の子』の上映が控えていますが、

だが、何と言っても三浦春馬さんの偉業を語るうえで欠かせないのが、三浦春馬さんにとって最後の主演映画となった『天外者』。
 
昨年12月11日の封切りながら、いまなおロングラン上映中。
 
4月中もいくつもの追加上映や再上映といった動きがありましたが、5月も7劇場での追加上映予定が組まれている。
 
さらに、5月7日からは海外上映第1弾となる台湾での上映がスタートする予定となっており、上映に向けて台湾国内でのプロモーションは熱を帯びたものになっている。

「こうした三浦春馬さんの、そして『天外者』の数々の偉業は、他の作品ではほとんど見ることがないもので、前人未踏、前代未聞という要素が多分にあります。
 
スポーツ選手が新記録を達成したら、あるいはアーティストが過去に類を見ないような際立った功績を上げたら、メディアはこぞって報じます。
 
三浦春馬さんの『天外者』は、こぞって報じられるべきニュースに満ち溢れているワケです。
 
それにもかかわらず、三浦春馬さんに関してスポーツ各紙などが即座に報じるのは、所属事務所アミューズによる注意喚起など。

SNSでは、

報じるべきポジティブなニュースいっぱいあるのに。 

家族と言いながら利益になること以外はわれ関せずのように見える事務所の姿勢には疑問を感じる。

何かしらの圧力によるものなのか、はたまた忖度なのか?
 
大手メディアの報道姿勢に疑問を感じる人が増えていることは間違いなさそうだ。