芸能

三浦春馬さん 個人事務所の登記情報 やはり独立に向け動いていた… 契約は、2020年7月17日に終了することが決まっていた !?

日に日に増している、三浦春馬さんに対するアミューズの対応への疑念。果たして、それに対する回答をアミューズが出してくれる日は訪れるのだろうか……。

そんななか、このようなツイートが、

あるお方がお金と時間と根気をかけて
探し当てた情報を元にされています。
独立に向け動いていた証拠です。
やはりこの為の改姓だったのでしょう。

春馬さんの個人事務所の登記情報です。

投稿されていた登記情報は以下の通りです。

・取締役は春馬さんのみで過去に親族が取締役だったことはない
・発行株式は1株
・2020年5月30日に苗字を変え6月に登記変更
・2021年3月に解散、清算人2人登録

①A社と春馬さんの間のマネジメント契約には、多くのマネジメント契約にあるように、「事務所移籍後に芸名を継続して使う場合にはA社の承諾を得る必要がある」という条項があった。
②A社と春馬さんの間の契約は、2020年7月17日に終了することが決まっていた。
③春馬さんは、A社が、 (独立後の春馬さんの活動を妨害するために)契約終了後に「三浦春馬」という芸名の継続使用を認めない可能性が十分にあると感じていた。
④③の嫌がらせに備えて、春馬さんは、「“三浦春馬”は本名であって芸名ではない」と言えるように、契約終了前に、本名を●●春馬から「三浦春馬」に変更しておいた。

もしこれが事実であれば許し難いですし、公取委が「芸能分野で独占禁止法上問題となりうる行為」と例示している行為にも該当します。
株主のどなたかが、この点も正面から問いただしてくれることを願っています。

真実が明らかになりますように・・・