芸能

三浦春馬さん 靖国神社参拝はタブー「向井理さんもドラマ主演がなくなった…。」向井理さんの「男らしい」エピソード

靖国神社参拝ってなんでタブーになるんだろう。

向井理さんは靖国神社参拝を公表後、ドラマ主演がなくなった。
三浦春馬さんも、参拝公表後に悲惨な目に遭ってる。
靖国神社は、日本を守ろうと若くして命を落とした日本人祖先の霊が祭られてる。
祖先を祭った神社を参拝すると、虐めに遭うと言うのは理不尽な話。

向井理さんといえば、このようなエピソードが話題になっています。

向井さんは思い出の一品として、あまりの素晴らしさに感銘を受けたという店の寿司を紹介。店にまつわるエピソードとして、来店したきっかけが主演ドラマのプロデューサーから誘われたと話した。しかし、このプロデューサーとは撮影期間中に大揉めしてしまったそうで…。向井さんはドラマラストでスピーチし、聴衆役のエキストラが手を挙げるシーンがあったことを振り返る。

向井さんいわく、プロデューサーはエキストラに対し、芝居の指示を出していないにもかかわらず「何だ今の表情は」と怒り始めたそう。これを見た向井さんは、「役者だったらしょうがないんですけど、ちゃんと演出をすればいいだけなのに、あの言い方はないんじゃないですか。せっかく来ていただいているのに、気分を害して帰ってもらうのは僕としても不本意なんで。謝ってください」と謝罪を求めたところ、「若造のくせに何言ってんだこの野郎!」と返されたという。

撮影後、そのエキストラに「すいませんでした。また何か機会があったら参加していただいていいですか」とフォローを入れたと語る向井さん。「ぶん殴られんのかなと思った」と語ったが、プロデューサーからは「ああなっちゃったけど、お互いいいものを作ろうね」と水に流す言葉が出たそうだ。

向井理さんも、ものすごく優しいのですね。いろんな圧力などに負けず、これからも頑張ってください。