芸能

三浦春馬さん 『時間を数時間戻せないか…』『時間をほんの数時間戻せたら…』『とりもどせた』数時間前に起こったと 知っているからこその発言では? K氏の追悼文

三浦春馬さんが、力を入れていた舞台『AAA』を主催している岸谷五朗さんや寺脇康文さん。

三浦春馬さんは2人を尊敬していましたが、2人は亡くなってもコメントせず、『AAA』の開催発表の際にようやくコメントし“宣伝”ともいわれました。

その時に、岸谷五朗さんは、あの日…「真剣」に「本気」で時間を数時間戻せないか考えている自分がいました。頭の回路が少し壊れていました。衝撃に心が独占され「冷静」のバランスが取れず現実なのか虚構なのか…時間をほんの数時間戻せたら、春馬を「とりもどせた」。そう思ったのは私だけではなかったはずです。とコメントしたのだが…。

そんななか、このようなツイートが、

『時間を数時間戻せないか…』『時間をほんの数時間戻せたら…』と所属先輩俳優さんが2回もコメントされています。
『時間を戻せないか』ではなく、あえて『数時間』に違和感を感じます。
『数時間』とは、具体的すぎませんか?
18日午前中の数時間のことですか?

確かに。
何故数時間と言ったのか。
数時間前に起こった事だったと
知っているからに他ならない!

数時間前に起こったと
知っているからこその発言では?

「数時間戻せたら・・・」
これは、春馬くんが亡くなったことを受けた時間を起点として、数時間前に会っていたことがわかる表現ですよね。
「時間を巻き戻すことができたら」なら引っかからないのに。

日に日に増している、三浦春馬さんに対するアミューズの対応への疑念。果たして、それに対する回答をアミューズが出してくれる日は訪れるのだろうか……