芸能

三浦春馬さん またしても。こんな優しいエピソード。「なんて いいやつなんだ…!」業界のことが良くわかっているからスタッフの大変さも人一倍わかる。

またしても。こんな優しいエピソード。

先日ハルコレ(HARUMA COLLECTIONの略です。皆さんもハルコレって言ってください)のリハーサルを行っていたら、ヘロヘロのスタッフたちを見かねたのか…
一度帰った三浦が、「これ食べて頑張ってください!」と春らしく草モチを差し入れしてくれたのです!!!
みんなで、「なんていいやつなんだ…!」とモチの甘さと彼の優しさを味わいながらいただきました。

20歳になったばかりの青年が
大人たちに気遣いの差し入れ。
それは自分のイベントの為に残って 働いて下さっている、ということに対しての感謝の想い。
季節の御菓子を持って戻ってくるって最高に気が利いてる。

「なんて いいやつなんだ…!」

また、このようなツイートも、

ブラッディマンデイseason 1のクランクアップでの春馬君。

主演だから誰よりも泣くのはわかる。
でも自分のことではなく、自分よりもっと大変だったスタッフのことを語る時に思い溢れて言葉にならず何度も息を吸い涙をこらえているのを見て、思いやりのある優しい春馬君らしいと思った。

過酷なスケジュールと座長の重圧で普通の18歳なら耐えられなかったかもしれません。
この業界のことが良くわかっているからスタッフの大変さも人一倍わかる。感謝の気持ちがこの涙に表れていますよね。