芸能

三浦春馬さん 言葉にならない想い…「曲が流れた瞬間から一番強い風が吹いた」「色んな人の想いが、天国まで届いていますように…」flumpool 山村隆太さん

昨年の三浦春馬さんがファンの前から姿を消したあの日。

音楽番組『音楽の日』(TBS系)に生出演したロックバンド『flumpool』は、『君に届け』という曲を野外で熱唱しました。

『君に届け』といえば、三浦春馬さんが出演した映画『君に届け』の主題歌。出演前に三浦春馬さんのことが報じられたため、メンバーはそのことを知った上でステージに立ったことでしょう。

その後、生出演を終えたボーカルの山村隆太さんは、次のようなツイートを投稿しています。

君に届け歌わせていただきました。曲が流れた瞬間から今日一番強い風が吹いた。

色んな人の想いが、天国まで届いていますように。

「曲が流れた瞬間から一番強い風が吹いた」という山村さん。きっと三浦春馬さんの存在を風の中で感じながら、歌に想いを込めたのでしょう。

同日深夜、山村さんは音声配信アプリ『REC.』で、三浦さんが主演を努めたドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌『Over the rain〜ひかりの橋〜』を弾き語りで披露。

歌い出す前に、次のような想いを明かしています。

今日は本当に、なんと言葉にしていいか分からないんですけれども…。思い出の曲でもありますし。

人の命っていうのは、いつか消えてしまうかもしれないですけど、映画であったり、ドラマであったり、音楽であったり。

作品は残っているのだとしたら、一緒に伝えた、この作品。今日は歌いたいと思います。

弾き語りを終えた山村さんは、「聞いてくれてありがとうございました。それでは、眠れない人も眠りたい人も、おやすみなさい」と、優しい口調で配信を締めくくりました。

言葉にならない想いを歌にのせた山村さん。その歌声は、悲しむたくさんの人々の心に響いただけでなく、三浦春馬さん本人にも届いたことでしょう。