芸能

三浦春馬さん「この出会いがなかったら、僕は『キンキーブーツ』には出ていなかった…これから活躍していくことで、恩返ししていきたい」川名康浩さん「キンキーブーツへの情熱は 決して忘れません」

『キンキーブーツ』の日本版が2016年、ブロードウェイのプロデューサーで『キンキーブーツ』にも携わっていた川名康浩さんによって制作され、三浦春馬さんがローラを、小池徹平さんが工場の社長を演じるかたちで上演されました。

川名康浩さんはブロードウェイのプロデューサーで、米国ニューヨーク市のブロードウェイにおいて活動しています。

そんな、川名康浩さんとの出会いを三浦春馬さんはこう語っています。

『2013年のNYでの観劇後、プロデューサー川名康浩さんとの出会いがなかったら、僕は『キンキーブーツ』には出ていなかっただろうし、今僕が経験していることの土壌を与えてくれた…これから活躍していくことで、恩返ししていきたいと思っています』

三浦春馬さんはこの作品で、圧倒的な歌唱力とダンスを披露。力強く美しいドラァグクイーン・ローラを見事に演じきり、読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞するなど、舞台俳優として高い評価を受けました。

『キンキーブーツ』は2019年に再演し、三浦春馬さんの代表作となっています。

そして、三浦春馬さんがファンの前から姿を消してから、川名康浩さんは、

キンキーブーツへの情熱は
決して忘れません
あなたの笑顔はいつも私達の
心の中にあります

安らかに眠れ三浦春馬

と追悼しています。

この出会いがあの素晴らしい『キンキーブーツ』に繋がってたなんて。そして感謝の気持ちを常に抱いて努力を重ね前進してたのに…。再再演が観たかったです。