芸能

三浦春馬さん 2021年8月6日公開決定「太陽の子」「春馬くん、生きるエネルギーに溢れた芝居を見せてくれてありがとう。あなたを撮ることができて幸せです。」黒崎監督

太陽の子は2020年8月15日にテレビ放送されました。

テレビドラマとは異なる視点で描かれた映画版が、2021年に公開されることが正式決定した。

終戦75周年を迎えた2020年に発表された「太陽の子」は、NHKとELEVEN ARTS Studios(アメリカ)による日米合作作品として製作。
原爆開発を背景に、時代に翻ろうされる若者たちの苦悩と青春を、事実を元に描いた感動の物語となっている。

NHK公式ホームページには、三浦春馬さんは、役作りのために髪を刈り上げて撮影に臨み、戦時下という困難な時代にどう生きるか葛藤する若者を見事に演じてくださいました。
謹んでお悔やみ申し上げます。 と記載しています。

また「太陽の子」の黒崎監督は、

「春馬くん、生きるエネルギーに溢れた芝居を見せてくれてありがとう。あなたを撮ることができて幸せです。」と語っていました。

太陽の子の映画化、春馬さんは回想シーンのみの出演になってしまうのでしょうか…。

回想シーンだけとはいえ(まだ100%そうだとは限りませんが)、春馬さんはテレビ放送決定時に、このように話しています。

「散ることを見据え、残された日々をどう過ごすべきか……。家族に対して気丈に振る舞う学徒出陣兵がどれだけつらかったか……。若くして、自分が居ない未来に希望を託す青年の想いを役を通して考えさせられました」と思いを明かし、

「世界で唯一の被爆国の日本ですが、私たち日本人も原子力爆弾を用いて戦争を終わらそうとしていた事実を、この作品で私同様多くの方が知ることになったあと、今まで以上に日本が平和と希望を願える美しい国になるよう祈ります」(2020年8月シネマトゥデイ記事)

と思いを語っておられた春馬さんの渾身の演技を、改めてこの目に焼き付けたいと思います。

できれば、未公開シーンなどがあると嬉しいのですが…。