芸能

DaiGoさんが語る『一部の芸能事務所と週刊誌のズブズブ』『事務所がタレントを脅迫するエコシステム』三浦春馬さんがこんな世界に身をおいていたなんて…

先日、タレントのマリエさんがインスタライブで「18歳の頃、島田紳助さんに枕営業を誘われた」と告白した騒動。

過去に支配力を有していた島田さんの問題だけに、メディアや業界人の動きもかなり鈍い。今もテレビで活躍している芸能人はなかなか喋りづらい内容なのだろう。

そんななか、4月9日、メンタリストDaiGoさんが自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行いました。

DaiGoさんは『マリエさんと紳助さんがどうだったかは知らない』としながらも『枕営業は普通にあります、けっこうよくあります』と断言。『最近はあからさまにやると告発などもされてしまうので、必須条件ではない』とも話していました………。

また、DaiGoさんは『一部の芸能事務所と週刊誌のズブズブ』にも触れ、『事務所が週刊誌記者に所属タレントのデートの情報などをリークしてスクープを撮らせる』と暴露。それをタレントの不注意として事務所が“火消し”し、その代わりに服従させるという『事務所がタレントを脅迫するエコシステム』が出来上がっているとのことです。

時折メディアやテレビを批判するDaiGoさんですが、今回も舌鋒鋭いです。怖いものなしのポジションだからこそ、ということでしょうか?

直接、三浦春馬さんに関することは話していませんが、春馬さんがMさんと一緒のところを週刊誌に撮られたことや、とんでもないTVプロデューサーがいること、週刊誌がA社に切り込まないことなど、腑に落ちた気がします。

芸能界って本当にとんでもない闇の世界なんですね。

清い三浦春馬さんがこんな世界に身をおいていたなんて、、、と思ってしまいます。