芸能

三浦春馬さん 誕生日「舞台挨拶」土浦市の市長も…館長さんが「三浦春馬記念館を作って頂けますように」とお願いしてました。

4月5日の三浦春馬さんが31歳になるべく誕生日は、大きな愛に包まれた幸せな一日となりました。

4月5日、土浦セントラルシネマズさんで「森の学校」の舞台挨拶が、行われました。

「森の学校」西垣吉春監督、つくばアクターズスタジオ元会長、加藤麻由美さん、そしてスペシャルゲストで土浦市の市長の安藤真理子さんがご挨拶してくれたそうです。

土浦セントラルシネマズさんでの安藤市長の挨拶は胸が熱くなるもので上映される事で皆さんの心に刻まれて行くでしょう。
土浦市として三浦春馬くんを応援して行きますと公言して下さいました。

公務の為退席された市長様に館長さんが「三浦春馬記念館を作って頂けますように」と言って下さいました。

安藤市長は、その後、Twitterにも投稿しています。

土浦セントラルシネマズでは、三浦春馬さんの初主演映画「森の学校」が上映されており、本日は制作者の西垣監督が舞台挨拶され、私も挨拶させていただきました。
映画館には、三浦春馬さんのファンからの寄せ書きが数えきれないほど掲示されていました。これからも、三浦春馬さんが世界中の多くの人に愛され、いつまでも皆さんの心の中で生き続けられますよう願っております。

土浦市凄いね。市長さんまで駆け付けてくださって。記念館の話まで出たなんて、いつか、必ず訪れたいところです。

三浦春馬記念館。ぜひ実現していただきたいです。
全国からふるさと納税とかで協力できたらいいな。