芸能

マリエさん「枕営業強要」告発を大手メディア「完全無視」「勇気出し闇の芸能界を話して欲しい 三浦春馬さん、竹内結子さんの真相に繋がる筈…」

4月4日に、モデルのマリエさんが自身のインスタライブで告発した「枕営業の強要」。

マリエさんが18歳の頃、島田紳助さんに、やるせなすの2人や出川哲朗さんらの芸人、島田紳助さんが気に入っているグラドルたちも同席の酒席に呼び出され、島田さんから「男女の関係を持とう」と提案されたという。

すでに引退している島田紳助さんからの誘いだと語っており、周囲の芸人やグラビアアイドルも「やりなよ」と煽ったという。それを最後まで断ったマリエさんは、島田さんの番組に出演がなくなったのだという。

この話が本当だとすると相当まずい話で、芸能界の暗部という他ないのだが、まだマリエさん側の言い分であり、真偽も謎のままだが。

マリエさんはインスタライブ中、何度も「(暴露したことで)殺されるかも」とすら語っている。ただ事でない暴露だが、今後の行方が気になるところだ。

そして、この告発の一番の問題は、たとえ15年ほど前の話とは言え、テレビや大手週刊誌などが一切取り扱わず、問題があると指摘された島田さんが当時所属していた吉本興業も、マリエさんが所属するレプロエンタテインメントも、出川さんが所属するマセキ芸能社も現状“ダンマリ”という状況にこそあるのではないかと。

SNSでは、マリエさんインスタでご本人が
「私、殺される〜」パニック状態で泣いてる発信見て
三浦春馬さんが瞬時浮かんだ
彼もインスタ、過去の手紙、テレビ撮影など同業者から悪質な言葉…
勇気を出し闇の芸能界を話して欲しい
三浦春馬さん、竹内結子さんの真相に繋がる筈

今なお、芸能界にはとてつもない闇が広がっているということだろうか。