芸能

三浦春馬さんへ「おんな城主直虎」「ぼくみたいな、有名じゃない子役にも、ひざにのせてくれ、抱いてくれたり、優しく声をかけてくださいました…」

4月5日は三浦春馬さんの31回目の誕生日で、最後の主演映画『天外者』の特別上映や、一部劇場での『森の学校』『アイネクライネナハトムジーク』といった三浦さんの歴代主演映画の上映が行われている。

SNSでは祝福の声が寄せられ「春馬くんお誕生日おめでとう」がトレンド入りしている。

4月1日には、2017年に放送された柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』に小坊主役でレギュラー出演していた西口青翔(にしぐちあおと)さんも、三浦さんに向けてメッセージを送っていた。

『おんな城主直虎』で三浦春馬さんは、井伊直親という直虎の許婚(いいなずけ)で幼馴染の役を演じていました。

当時の撮影の模様を西口さんは『ぼくみたいな、有名じゃない子役にも、ひざにのせてくれ、抱いてくれたり、優しく声をかけてくださいました』とコメントしています。

そして、『今日は、タンスの中から、二年生の頃着ていた“おんな城主直虎”のスカジャンを見つけた。。。大きくなったら、着れるようにもう一着購入していましたが、今ピッタリ。三浦春馬さん、ぼく大きくなりました。サクラも満開ですよ。空を見上げたら風が吹き、花びらが顔に。みてくれているのかな。。』と写真を添えて投稿していました。

春馬さんは子役の皆さんにも愛されてますね。
本当に本当に優しい素敵な方だったんだね…。
きっと、見守ってくれてますよ。
これからもがんばってね。

4月5日は、三浦さんと同じ時間を過ごした多くの方々、そしてファンが、三浦さんをあらためて想う1日となりそうですね。