芸能

三浦春馬さんが訪れた「ポールスミス」のショップ「春馬さんは腰が低くくて、とても紳士的な方でした。とにかくオーラが凄かったです」

三浦春馬さんは、2019年6月に「ポール・スミス」の日本におけるメンズ ブランドアンバサダーに就任しました。ブランドにとって初めて起用するアンバサダーとして注目され、数々の雑誌やキャンペーンフィルム、広告などを飾った。同年10月には「ポール・スミス大阪店」のオープニングイベントに出席しました。

デザイナーのポール・スミスさんは、外見の美しさもさることながら、彼の心が成熟していて美しいから視ている側に心地好さと感動を与えられるのだと思う。とコメントしています。

三浦春馬さんが訪れた「ポール・スミス」のショップに行かれたカタのお話です。

春馬君に対応した店員さんがお話を聞かせてくださいました。

「春馬さんは腰が低くて、とても紳士的なカタでした。とにかくオーラが凄かったです」、春馬君がスニーカーを購入することになり、靴のサイズを合わせる時にその店員さんが、春馬君の爪先を触って確認した時、『僕、足のサイズが27.5cmでわりと小さいんです』とおっしゃっていました。と。その時の目がキラキラしていて、男性の店員さんでしたが、「私も物凄く緊張しました」とおっしゃっていました。「アンバサダーの契約金もそんなに高額ではなかったのに、自分はポールスミスさんのブランドが好きだから引き受けたんです」とそこまで教えてくださいました。「今はうちの店員は皆、好きな俳優は?と聞かれたら、三浦春馬と言っています」「今、公開中の春馬さんの映画も皆んな、みにいっています」とおっしゃっていました。

春馬君は絶対幸せにならないといけない人。だから今は穏やかで幸せでいると
信じています。