芸能

三浦春馬さん「続編 をどうだ!という話もあったんだ。」高橋ヒロシさん「大人になってからもう一本撮りたかった、台本は準備できていた。」西垣監督

高橋ヒロシさんによる人気漫画を原作に、漫画にはないオリジナルストーリーで2007年に映画化され、大ヒットを記録した『クローズ ZERO』のその後を描いた完結編『クローズ ZERO II』。

『クローズ ZERO II』に出演した三浦春馬さん。

「クローズZERO」の原作者、高橋ヒロシさんはTwitterで、昨年お亡くなりになった三浦春馬さんに追悼のコメントをしています。

三浦春馬 クローズゼロ2の試写会で一度会いました。ホントに澄んだ、綺麗な目をした俳優さんでしたね。春馬演じる美藤竜也を主役にして、続編
をどうだ!という話もあったんだ。残念ながら実現には至らなかったけ
ど。『今度飲もうね。』という約束がはたされる事も永遠になくなってし
まった。

切ないね、ホントに残念だよ。静かにご冥福を祈ろうと思う。

また、三浦春馬さんが12歳で初の主演を務めた「森の学校」。

「森の学校」の西垣監督さんの言葉より
びっくりしたことが1つある。現場で台本を見ないこと、村木さんが読んでいるのを聞いているだけ。こんな子役はこれだけ出来る子役は初めて。
『大人になってからもう一本撮りたかった、台本は準備できていた。』とおっしゃっていました。

三浦春馬さんと関わった方は、皆さん、もう一度、一緒に仕事したいという人ばかりですね。まだまだ、三浦春馬さんの作品が見たかったです。