芸能

三浦春馬さんの愛犬「コムギちゃん」発見!?愛犬を残して、身勝手に旅立つとは考えられないです…。

三浦春馬さんは動物が好きで有名ですよね。中でも自宅マンションで飼っていた愛犬・コムギちゃんは特に可愛がっていました。

2012年のはなまるマーケットで紹介してから、
2013年には一緒に雑誌のan-anの表紙を飾ったことも。

長風呂でのぼせてしまった時に「心配してくれたのは愛犬の小麦だけ(涙)」
なんていうエピソードもありました。

また、三浦春馬さんはサイレントデザインという会社から防音室を購入されています。

三浦春馬さんが亡くなった後、防音室のメーカー「サイレントデザイン」のスタッフさん達が、「その時、飼われていたワンちゃんはどうしているのか気がかり」と、2017年の搬入の際に見かけたコムギちゃんについても、追悼コメントで語っています。

2019年には、世田谷のマンションから、芝浦のマンションへ引っ越しされています。

しかし、その後は、今までコムギちゃんの様子はまったくわかりませんでした。
が、やっと、見つけて下さった方が!

確かに、聞こえますよね? ワン!って。
防音室のすぐ外にいるようにも聞こえるので、ご近所の犬ってわけじゃなさそうです。。
以前の春馬さんは、あちらこちらの番組でコムギちゃんを紹介し、愛犬との生活を話をしていましたが、最近はなぜか、語ろうとはしてないように思えました。

ある番組では「犬は飼ってない」とまで言ってることもありました。てっきり誰かに飼ってもらう事にしたのかなって思ってましたが、ずーっと一緒だったかもしれないとわかって、ちょっと安心しました。

そうなると、ますます春馬さんの「自死」はありえないですよね。
8年も一緒に暮らしてきた愛犬を残して、身勝手に旅立つとは考えられないです。

ジャックラッセルテリアの平均寿命は13~15歳で、人間に例えると72歳となるようです。

コムギちゃんは2013年で1歳だったので、2020年で10歳ですね。人間なら中高年の域(50歳くらい?)