芸能

三浦春馬さん 映画監督との素敵な関係「映画「新解釈 三國志」何だったんでしょうか。出来上がってたよ、わりと早めに…」福田監督ご立腹

天外者の田中監督はもちろんのこと、三浦春馬さんに関わった様々な映画監督は、春馬さんとの思い出などを語り称えてくださっています。

行定監督(真夜中の5分前) 相棒のような存在。人間としてこんなに美しい人間がいるんだと思うくらい完璧な男だった。
田中監督(天外者) 最高の同志を得たという感じ。真っすぐでいいヤツで すごい役者。
今泉監督(アイネクライネナハトムジーク) 繊細でまっすぐですこし不器用で、俺のことを気にかけてくれてた人。

特に、福田監督(銀魂2)の「春馬愛」は昔から有名で、さまざまなエピソードがあります。

キンキーブーツの出演者と福田監督がトークをする動画で、福田監督は三浦春馬さんのことをめちゃくちゃ褒めていました。

そんな、福田監督は自身が監督を務めた、映画「新解釈 三國志」の前夜祭イベントにて

「何の問題があったのか分からないんですけども、(公開を)随分待たされましたね。何だったんでしょうか。出来上がってたよ。出来上がってたよ、わりと早めに。」

と、意味深かつ少しご立腹気味に発言されていたのが印象的でした。

三國志は、天外者と同日公開ということで話題になりました。

大泉洋さんが「お正月映画にしたかったんじゃないですか」とフォローを入れておりましたが、賀来賢人さんも岩田剛典さんも笑顔がなく、浮かない顔をされておりました。

皆さん、何か思うことがあったのでしょうか。

そういえば、「銀魂2」を地上波で放送してくださったときには、最後に春馬さんの追悼テロップを流してくださいました。

福田監督とテレビ東京さんの計らいに深く感動しました。