芸能

三浦春馬さん 公正取引委員会と株主総会対策 今月31日付で 辞任「担当者不在のため…」計画的な回避の手段?

俳優の佐藤健さん、神木隆之介さん、ロックバンドのワンオクロックが3月末で所属事務所であるアミューズを退所し、4月1日から独立するそうです。

ワンオクロックの新会社名は「株式会社10969」(ワンオーナインシックスナイン)で、ファンクラブ業務やグッズ販売などは、アミューズがサポートを続けていくということです。

一方、佐藤健さんと神木隆之介さんは同じ新会社に所属するとのことで、名前は「株式会社Co-Lavo」(コラボ)。

こちらは、アミューズが資本にも参加し、また現在マネージメントを担当している社員も一緒に新会社に移り、継続してマネージメントをしていく

しかし、完全に独立というわけではなく、今後もアミューズと連携して活動していく形になるようですね。

また、記事に載っていたこの文面が気になります。

アミューズはこの日、取締役会を開き、組織変更と人事異動
について決議。俳優部門を担当してきた取締役が今月31日付で
辞任することになり、佐藤と神木も退社して行動をともにする
ことを決断した。

SNSでは、

俳優部門を担当してきた取締役が今月31日付で
辞任する…。

担当者不在のため…はお手軽な手口

結局アミューズの社長より、この俳優部門の統括してた方が色々と知ってそう。

過去の株主総会のツイート見たら、誤魔化し、はぐらかすのがあの社のやり口のようです。
その時を切り抜ければいいと思ってる。

その為の計画的なものだとしたら…本当に許せない。回避の手段なんですかね、悔しくてたまらないです。

子会社を設立してまで聞かれたく無い事があるって事ですねー。。私達は追求をやめませんっ!火に油です

公正取引委員会と株主総会対策という説が1番しっくり来る。
子会社を作る+オフィス縮小=アミューズの経営状態がよろしくないことは確実かと。いよいよ芸能界のビジネスの崩壊が始まってきてる。亡くなった俳優の労働環境の検証もしないブラックな業界だから、因果応報ですね。