芸能

三浦春馬さん 「色が無くなった」「山が一緒に泣いてくれている」「その先には ある人を想ってました…」斎藤工さん

三浦春馬さんと斎藤工さんは2014年の連続ドラマ「僕のいた時間」で共演されています。

命を題材にし、三浦さんは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う青年・澤田拓人を演じました。斎藤工さんは拓人の2年先輩・向井繁之を演じ一緒に出演するシーンも多かったです。

斎藤工さんは、三浦春馬さんがお亡くなりになってから、同日にインスタグラムにコメントは添えず、『僕のいた時間』という文字が書かれた画像のみを投稿しました。

後日、斎藤工さんはラジオ番組で名前こそ出さなかったものの三浦春馬さんのことと思われる話をされています。

「その事実を、本当に偲ぶっていう事はどういう事なのかっていう事はですね… 僕はひとつ、 区切りをつけないと言うことです。 大いなる残像と向き合う 向き合い続けること それが、僕なりの偲び方かなと思います。」

また、三浦春馬さんが亡くなった7月18日は秩父の山で広告の仕事中だったそうで、

僕の周りにいる方のスマートフォンが ばっと僕の目の前に、こう掲げられまして そこにあった文字に僕は言葉を失った っていうその言葉自体がもうなんか 浅いくらい 色が無くなったというか でもね、こぅ、酷な事に撮影続くんですよ そこで、撮影… 大自然の中でやっていたんですけど 雨予報だったっていうのはあるんですけど 確実に『雨ではない何か』がですね 山が一緒に泣いていたんですよ 大自然なのか分からないですけど 晴れ渡る光が差す瞬間があったり そう言ったものの 僕の中では延々とカメラを回しました。 なんかその先には ある人を想ってました…と語っています。

色が無くなった…山が一緒に泣いてくれていると表現されています。悲しさが伝わってきますね。