芸能

三浦春馬さん 最後の主演映画『天外者』「海外上映」に意欲… 田中光敏監督 全力で応援したいです!

三浦春馬さんにとって最後の主演映画となった『天外者』(配給:ギグリーボックス)は、昨年12月11日からの全国公開で、すでに3ヶ月以上が経過しているものの、今なお多くの劇場で上映が続いており、まだこれから上映を予定している劇場もいくつもある状況だ。

そんななか、3月13日、兵庫県宝塚市にある映画館“宝塚シネ・ピピア”にて、映画『天外者』を撮影した田中光敏監督によるトークショーが行われた。

「トークショーの参加権付きチケットはわずか2分で売切になったというプラチナチケット状態で、参加者たちは一様に、田中監督の話を食い入るように聞いていたようです。

田中監督は『撮影スケジュールはかなりタイトだったものの、座長の三浦さんをはじめ出演者の方々の集中力が高く、一発OKのシーンが多かったことで撮影は順調に進んだ』と語っていました。

また、トークショー後には、当初予定していなかった“サイン会”まで行い、ファン1人1人の名前を聞いてサインをしてくれたそうです。

『海外上映も』と期待を口にするファンの言葉には『がんばります』と返していたようなので、今後の『天外者』の展開にますます注目が集まりそうですね。

また、配給会社のギグリーボックスさんも海外上映にむけて動いてくれているようですし、

海外での活躍を夢に掲げ、目的に向かって努力を重ねていた三浦春馬さんのためにファン達で出来ることがあれば、全力で応援したいですね。