芸能

三浦春馬さん 新田真剣佑さん…涙「あの沈黙が…近くにいて何も手助けする事ができなかった…と言っているような気がして…。」

3月12日、映画『ブレイブ-群青戦記-』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木で開催された。

主演の新田真剣佑さん、山崎紘菜さん、鈴木伸之さん(劇団EXILE)、渡邊圭祐さん、松山ケンイチさん、本広克行監督が登壇したこのイベント。本来ならば今作で後の徳川家康役を演じた三浦春馬さんもここにいるはずだったが、三浦春馬さんは昨年7月に急逝している。

新田さんは「朝も早くて寒かったけど、そんなことを忘れさせてくれるくらい現場の雰囲気が良くて、みんなずっと笑顔で」と撮影当時の様子を語るなどしたが、「僕にとって、一生忘れることのない作品になりました。すごく勇気づけられると思います」と語った後、10秒ほど沈黙した。

新田さんは三浦さんに大きな憧れを抱いており、共演できたことを「宝」とも発言していた。それだけに感極まるのも当然といえるが。最後には「役者1人1人が本気で挑みました。ぜひ、勇気づけられてください」と涙目でアピールした。

SNSでは、

あの沈黙が…近くにいて何も手助けする事ができなかった…と言っているような気がして…。見ていて辛かったです。初日を迎えて嬉しい想い、春馬さんへの想いが入り交じって言葉にするのが難しかったんでしょうね。

真剣佑くんが一生忘れない作品と言ったように、ファンにとっても忘れられない作品になりました。

今後は事務所をやめ、アメリカで活動する意向の新田さん。三浦さんも海外志向が強かったといわれています、新田さんも三浦さんの分まで世界に羽ばたいてほしいですね。