芸能

三浦春馬さん 責任感ではなくて、「正義感」「愛嬌があって人懐っこくて、とても正義感のある子だったんじゃないかなと…」長澤まさみさん

昨年、突如亡くなった、俳優の三浦春馬さんと女優の竹内結子さん。

お二人とも、映画『コンフィデンスマンJP』で共演されていました。

三浦さんも竹内さんともに、この作品に1作目、2作目と出演しており、現在予定されている3作目は『中心的役割だった』という話もあります。

一時期、重要な出演者が2人も亡くなったことで主演の長澤まさみさんもショックを受け、一時は製作中止のウワサも流れましたが、そろそろ撮影が開始されるのではといわれています。

そんな、長澤まさみさんは、三浦春馬さんの訃報のあとに『めざましテレビ』(フジテレビ系)に生出演しこのような発言をされていました。

天才恋愛詐欺師・ジェシー役で出演する三浦さんの人柄について、「そうですね…」と一瞬間を置き、「愛嬌があって人懐っこくて、とても正義感のある子だったんじゃないかなと思います」とゆっくり言葉を絞り出した。

SNSでは、この発言に対して、

春馬くんが亡くなったあと長澤まさみちゃんがコンフィデンスマンの番宣で情報番組に出ていてコメントを求められた時に言った、「正義感の強い子だったから…」という言葉が気になっている。
つまり彼女は、春馬さんは「正義のために」亡くなったと。
責任感ではなくて、「正義感」。

私もこのコメントにひっかかってました。ドラマでの共演の事だけを言えばいいのに、何か言葉を探しながら涙を溜めながら話す長澤まさみさんは、本当の事を言っていると感じました。