芸能

三浦春馬さんの提案「ブレイブ群青戦記」「春馬さんの思いに芝居を全部ぶつけたマッケンの自然な気持ちだと思います…」

3月12日の公開が待たれる新田真剣佑さん主演「ブレイブ群青戦記」。

三浦春馬さんは徳川家康役であり、物語の重要なポジション。

すでに場面写真や予告編も公開され、そのたびにファンの大きな反響を得ている。

そんな話題の『ブレイブ -群青戦記-』に出演している山崎紘菜さんがインタビュー記事で三浦春馬さんの話をしています。

三浦さんはキャスト発表のときに「作品の持つ壮大なスケールの中、他人を思いやり、奮闘する事が未来に繋がるというメッセージを届けられるよう、少しでも
尽力出来ればと思います」とお話しされていて本当に素敵だなと思いました。クランクアップの際にも、
「未来は若者が作っていき、今をがんばることが未来に繋がる」といったことをおっしゃっていました。
三浦さんの熱い仕事ぶりを現場で拝見することができ、私もそんな風にいただいた炎を途絶えさせず、誰かに火を繋げていきたい。受け継いだものを大事にしつ
つ、また誰かに渡せるような熱い俳優になれたらと思います。と語っています。

また、本広監督は、
三浦さんは素晴らしい方でした。普通、俳優なら自分のラストシーンは見せ場ですから、
しっかり印象を残したいと考えるものだと思いますが、今回はご本人の提案でセリフがありません。
全体の流れを考え、そこでは何も話さない方がいいのではないかとおっしゃったのです。それでセリフを全部なくしました。そばにいる蒼は涙を流していますが、
実は台本には泣くと書いていないのです。春馬さんの思いに芝居を全部ぶつけたマッケンの自然な気持ちだと思います。

そんな、三浦春馬さんと新田真剣佑さんが全力で挑んだ映画『ブレイブ -群青戦記-』がスクリーンで見られる日が刻一刻と近付いてきています。公開が楽しみですね。