芸能

三浦春馬さん 「4500の想いの光」4月5日の31回目の誕生日を盛大に…ファンの想いは一つ

3月24日に創出版より「三浦春馬 死を超えて生きる人」という書籍が出版される。

創出版は、10月に発売された月刊「創(つくる)」11月号から、2月に発売された3月号まで5ヶ月連続で、昨年7月18日に他界された三浦春馬さんに関する記事を掲載し続けている。

「24日発売の、『三浦春馬 死を超えて生きる人』と題された、創出版さんの三浦春馬さんに関する別冊特集号では、4500という三浦さんに所縁のある数字で集めたファンからの“想いの光”が掲載されることが事前に発表されていました。

なお、4500という数字がなぜ三浦さんに所縁があるのかというと、まず三浦春馬さんの誕生日が4月5日であるということ。

それから、映画『天外者』(配給:ギグリーボックス)で、三浦さんが演じた薩摩藩出身の偉人・五代友厚。その葬儀には、実に4500人もの人たちが参列した、その手にした提灯の光の数。

さらには、この“想いの光”が4500件集まったタイミングと時を同じくして、三浦さんのセカンドシングル『Night Diver』のミュージックビデオの総再生回数が4500万回に達したことなどから、所縁が深いと言われています。

そんな中、月刊「創」4月号や別冊特集号「三浦春馬 死を超えて生きる人」も出版され、多種多様な作品の数々が三浦さんの31回目の誕生日を盛大に祝おうとしているようにも思える。

三浦春馬さんに想いを馳せながら、4月5日を迎えようと思います。