芸能

三浦春馬さん 「彼はいつも必死だった。真剣に生きていた。 真面目な方だった…彼はモテた。実際に誰よりも美しくなりすぎた。」「あっとニューヨーク」

2020年7月18日の彼の訃報を受けて、書かれた「あっとニューヨーク」(NY現地の旅行会社)のスタッフさんの記事です。

NYにボイストレーニングに行ったときのことなどが、スタッフの目から綴られています。

ブログより抜粋

あっとニューヨークには春馬さんの思い出がたくさん詰まっている。

キンキーブーツのミュージカルのレッスンに来ていた際はニューヨークにひと月程滞在していた。
当時、レッスンを受けていたトレーナーの声が出なくなったことでレッスンを受けれなくなり、あっとニューヨークのオフィスでボイストレーニングをしていた。
こちらのスタッフが横で仕事をしていても、本人はそれも意に介さず熱心に大きな声量で歌を歌っていた。
凄い迫力だった。必死だったのだと思う。
彼はいつも必死だった。真剣に生きていた。
真面目な方だった。

何度も一緒に食事に行ったりミュージカルを見にいった。

キンキーブーツでドラッグクイーン役を演じるとのことで、オフィスの皆で女装してドラッグクイーンパーティーにも行ったことがある。
舞台のため女装の予行練習である。

ヘアサロンでメイクをして貰い、女装した格好のまま食事に出かけてスタンダードホテルのラウンジで開かれているパーティーに参加した。

春馬さんはモテた。実際に誰よりも美しくなりすぎた。
男性トイレでゲイに囲まれて大変だったとか。
その日は女装したまま家まで歩いて帰ったとか。
日本だったらできないこともニューヨークではできてしまう。
春馬さんはそんなニューヨークが好きだったのだと思う。

春馬さんのあの憎い程美しい笑顔も、芸能人とは思えない人懐っこさも、レッスン中の真剣な姿勢も、大きくて美しい歌声も。すべてがこのオフィスに残っている。

春馬さんにはもう二度と会うことができない。
僕はただその事実を受け止めることができないでいる。