芸能

三浦春馬さん「すごく大きい存在の方と吸い込まれるようなお芝居。ご一緒できてうれしかったです…」鈴木伸之さん

新田真剣佑さん初の単独主演映画にして、憧れの三浦春馬さんと共演を果たしている『ブレイブ -群青戦記-』(配給:東宝)の公開スタートは3月12日に迎えることになる。

その映画「ブレイブ―群青戦記―」に出演した「劇団EXILE」の鈴木伸之さんがスポーツ報知のインタビュー記事で三浦春馬さんのことを語ってくれました。

戦いに後ろ向きだった蒼が元康と対峙(たいじ)して、仲間の救出を決断するシーンは胸に迫ったという。  「中盤にマッケンと元康さんがやり取りをするシーンがあるんですね。2人の深い絆ができるシーンでありながら、蒼の決意のシーンにもなっていたり。あそこから映画がガラッと変わるといっても過言ではないシーンなんです。それを(外から)見させてもらって、何か胸に刺さるモノがありました」

徳川元康を演じた三浦春馬さんにはオーラを感じたという。  「大きな存在でした。いでたちがすごくかっこいいし、刀さばきもかっこいい。とにかく元康さんとして、そこにいるとしか思わせないという力に長(た)けていました。年齢は僕とそこまで変わらないんですけど、すごく大きい存在の方と吸い込まれるようなお芝居。一緒に同じカメラでお芝居させてもらったのはうれしかったです」

名前を出して話してくれてありがとうございます。フツーに考えたら自然な事、当たり前の事なんだけど…そうじゃない人が多過ぎて…公開がすごく楽しみです。