芸能

なぜ?芸能界や政界には在日韓国人・朝鮮人が多いのか?純日本人では出世したり有名にはなれない…

なぜ芸能界や政界には在日韓国人・朝鮮人が多いのか?

第二次世界大戦後もアメリカは、テレビを利用して日本の植民地支配を続けてきました。

そのため、強い影響力を持つ芸能人は日本人と容姿が似ている在日韓国人・朝鮮人を多く起用し、一般市民を洗脳するため裏で操ってきたといわれています。

それが現在までも続いているということでしょうか。

また、日本を骨抜きにして一般市民が政治に関心が向かないようにするため、「3S対策」という愚民政策も用いられてきました。

3S対策とは、「スクリーン(映画、テレビ)・スポーツ(観戦)・セッ〇ス(性産業)」それぞれの頭文字から来ています。

これらの娯楽を充実させることによって、日本人を政治に無関心にさせたり学力や体力を低下させて、日本や日本人を思い通りにすることが目的なのです。

このことからも、影響力を持つ有名になるべき芸能人は、在日でなければ都合が悪いのだと言えます。

もしも愛国心豊かな武士のような純日本人が芸能界や政界で力を持ってしまったら、自分たちの思い通りにできないので厄介だということですね。

芸能人たちは成功できて有名になれる代わりに、アメリカには絶対服従を誓わなければならないといわれています。

ちなみに戦後の内閣総理大臣のうち、純粋な日本人はたったの2人だけ
「田中角栄さん」と「小渕恵三さん」だといわれています。

内閣総理大臣のみならず、日本の政治家は在日韓国人・朝鮮人だらけなのです。

ここは日本の芸能界や政界なのに、純日本人では出世したり有名になれないだなんて、なんだか納得ができません。

純日本人の芸能人でも、アメリカ(イル〇ナティ)に忠誠を誓えば有名になったり出世できるのでしょう。

今までは「運」だとか「タイミング」だと思っていたのですが、いろいろ関係しているのかなと思ってしまいましたが…。

人気の問題だけではないようですね。

愛国心を持った純日本人の芸能人や政界人が、平等に評価される世の中になるといいですね。