芸能

三浦春馬さん『ブレイブ-群青戦記-』海外でも新田真剣佑さんとの共演が観られたかもしれないのに…

俳優の新田真剣佑さんが、3月公開の主演映画『ブレイブ-群青戦記-』の写真をインスタグラムに投稿。昨年7月に亡くなった三浦春馬さんと抱擁する場面の写真を掲載して話題になっている。

新田さんは「三浦春馬さんが憧れの人」「自分が役者になるきっかけをくれたのは三浦春馬さん」とおっしゃっており、三浦春馬さんをとてもリスペクトしています。

お互いの舞台を観に行ったりなど、親交もあったようです。

また、新田さんは、2021年3月12日公開の主演映画「ブレイブ群青戦記」のあと、4月で日本国内の俳優活動を休止し、5月からは海外の映画撮影に臨むということが決定しています。

三浦春馬さんもまた、近い将来海外に進出することを目標と掲げていました。

実際にキンキーブーツをはじめ、2021年1月には日英共同制作で世界初演の舞台「イリュージョニスト」に、主演として出演する予定でした。三浦春馬さんの実力は海外でも認められていました。

SNSでは、

英国の演出家サザーランドは世界レベルのキャストと称賛し、英国演劇界の実力派スタッフが揃ったロンドンのウエストエンドとの共同制作。関係者が三浦春馬に惚れ込み東京での世界初演が決まった。ここから世界の舞台へ羽ばたくはずだった。たとえ本当に冷遇があったとしても、自分の実力でチャンスを掴み取った。

春馬くんの実力が海外からも高く評価され、主演を熱望され、世界初演のアイゼンハイム役を演じるはずだった。春馬くんも心底、楽しみにしていた。世界に羽ばたく大チャンスだった。タイミング的にも、こんなに大きなことを遺して春馬くんが自死するとは、やっぱりどうしても考えられない。

もし、三浦春馬さんが今も生きていたら、海外でも新田真剣佑さんとの共演が観られたかもしれません…