芸能

三浦春馬さん 生きる意味を考えさせられた素晴らしい作品「僕のいた時間」印象操作は全身全霊で挑んだ春馬くんへの冒涜でしかない…

先日の「週刊新潮」(新潮社)の記事で、三浦さんの実母が「アミューズを糾弾」し、話題になった。

「5年前から音信不通」「春馬さんにお母様の再婚問題や所属事務所であるアミューズとの関係悪化などさまざまな問題が重なったことや、2014年のドラマ『僕のいた時間』の役作りで行った急激な減量がきっかけで、心身のバランスを崩していった」と、亡くなる経緯についての見解を明かしている。

しかし、この記事によって、どちらかというと「実母への疑念」が大きくなってしまった印象だ。

SNSでは、

〘 僕のいた時間 〙

生きる意味を考えさせられた素晴らしい作品だ

この時の減量は役作りにおいて必要不可欠だったに過ぎず

その後すぐ次回作に向けて元気に増量を開始していた

意味不明な印象操作は全身全霊で挑んだ春馬くんへの冒涜でしかない

次こそ彼への賞賛を希望したい。

春馬くんは 真剣に本当に全身全霊で伝えてくれました だから 凄く心に響いて 突き刺さる

あれほど まさに一生懸命に挑んだ作品を汚さないで欲しい。

春馬くんに報告!
新聞で見つけたニュース。ALS患者の筋肉の改善効果が期待されるということで、再生医療の一つ「Muse細胞」を用いた臨床試験が、この度始まったそうです。春馬くんが全身全霊で挑んだ「僕のいた時間」。春馬くんの想いは未来に繋がってるね。

春馬くんが残してくれたものが、これからも誰かの未来・希望に繋がって行くことを願います。