芸能

三浦春馬さん 恩師のような父親のような存在…ずっとそばにいてくれたら…「絶対に焦っちゃだめだぞ」村木勲さん

三浦春馬さんは子役の頃、児童劇団『つくばアクターズスタジオ』に通っていました。

その時に出会い、三浦春馬さんのお世話をしてくれた方で、現場に必ず付いて来て下さったのが、俳優の村木勲さんだったそうです。

村木勲さんは、三浦春馬さんがアミューズに所属することになる14歳くらいまで演技指導兼マネージャーとして付いてくれていました。

村木さんとの心温まるエピソードです

小学校に入って間もなくの頃から、撮影のある時は実家の茨城からバスに乗って一人で都内まで通っていたのですが、東京駅に着くといつも村木さんが待っていて「春馬!」と声をかけてくれるんです。京都みたいに遠くへ行くときも、都内で撮影の時も必ず、同行してくれました。撮影の待ち時間にプロレスごっこの相手をしてくれたり。父親のように頼もしかったです。15歳の時に今の事務所へ移った時も、村木さんは後押ししてくれました。仕事的に迷いを感じてる時だったのですが、「俺たちのことは気にせず、新しいところで頑張ったほうがお前のためになる」と言ってくれたんです。

しかし、2012年 村木さんは病気のためこの世をさります。

村木さんは春馬さんに最後の言葉として「絶対に焦っちゃだめだぞ」と言ってくれたそうです。春馬さんはその言葉を今もことあるごとに思い出しますと話し、俳優としての基盤を作ってくれた人ですし、村木さんがいてくれたおかげで僕は俳優という仕事の楽しさを知り、今もこうやって続けていけてるんだと思います。と語っていました…。

村木さんのような信頼出来る方が相談相手としてそばに居てくれたなら…
また違ったのかと思わずにはいられません…