未分類

三浦春馬さん 貧困のない世界「どこの国の子供でも本能的に人の事を感じとる…」「こんなふうにどこかの国で生きていてくれたら…」

春馬くん、海外の貧困地域のみんなが笑ってご飯が食べられる世界にしたいって昔ヘアメイクさんに話してたんだよね。こんなふうにどこかの国で生きていてくれたらどんなにか嬉しいのに…

どこの国の子供でも本能的に人の事を感じとる。春馬さんには子供〜大人まで寄せ付けてしまう凄い人間力が控え目に漂っているからね。子供たち、良かったね、本当に楽しかったよね。

そうですね、子どもと動物は本能的に感じとるって言いますよね。春馬くんにはみんなをリラックスさせる寄って行きたくなる雰囲気が漂っていたんでしょうね。本当にみんな楽しそう。