芸能

三浦春馬さん 渋沢栄一は水戸と縁が深かった…『忠信考悌』の精神…論語を学んでいた…やっぱり大河ドラマの主演は…

2月9日、NHKが14日から始まる渋沢栄一を演じる吉沢亮さんが主演の大河ドラマ『青天を衝け』に、俳優のディーン・フジオカさんが出演することを発表した。

ディーンさんが演じるのは、ディーンさんが日本で広く認知される出世作ともなった、2015年のNHK連続テレビ小説、いわゆる朝ドラの『あさが来た』で自身が演じた五代友厚(五代才助)だという。

SNSでは、『もし、とかタラレバは、いけないのだが春馬さんが生きていたなら春馬さんの演じる大河ドラマでの五代さんも見てみたかった』と、現在公開中の『天外者』で同じく五代友厚を演じている三浦春馬さんのことを思う人も多数いる。

一方、このようなツイートも…

今年の大河ドラマの渋沢栄一さんは水戸と縁が深くこの方が土台を作った事業が沢山あるようです。論語を重んじてて春馬さんの言う『忠信考悌』の精神であったと。何が言いたいかって何で春馬さんを主演にしなかったのかな?と思う…。

大河のオファーがきてたから五代さんを断ったけど、大河を交代させられたので、再び五代さんのオファーを受けたと…そんな気がしてならないです。

水戸と関わりがある人なのですね。それなら尚更春馬くんに演じて欲しかったなぁ〜

ドキュメンタリーの中で「五代さんと論語を学んでいたという共通点を見つけられた」と語っていましたね。最初は違う役どころを演じるために論語を読み出したのでは?!とも感じました。

春馬くん、インタビューで忠信考悌について説明してくれてましたよね。春馬くんに渋沢を演じて欲しかったです!

茨城出身の春馬くんが渋沢栄一を演じたら、それはそれは盛り上がったはず。東の渋沢、西の五代。両者を演じることも春馬くんならできたはず。