芸能

三浦春馬さん 昨年3月「大型バイク免許の卒業検定を受けていた…」いつか、ハーレーダビッドソンに乗ることを夢見ていたのに…

昨年の3月上旬に、大型バイクの卒業検定を受けていた春馬さん。ドラマ「TWO WEEKS」でバイクに目覚めたそう。こんな風に趣味にも没頭出来る、意欲的な春馬さんこの4ヶ月後に死んじゃうなんて誰が思っただろう…。

女性自身の記事で、

三浦春馬さんは、都内の自動車学校で大型バイクの卒業検定を受けていた。

「三浦さんは濃い紫色のキャップに黒いマスク。手には黒いフルフェイスのヘルメットを持っていました。バイク用の黒いアウターに生地の厚い青いデニムを履き、そしてリュックサック姿。ライダーとしてお手本のような姿で、バイクに対して真面目に向き合っているんだなという印象でした」(卒業検定を受けていた男性)

その後、三浦さんは教習コースに出て検定を受けた。大型バイクにまたがると、次々と課題をクリアしていった。

「ドラマでバイクに乗るシーンがあり、彼は普通二輪免許を取得しました。そこですっかりバイク好きになったそうです。これまでも中型バイクを楽しんでいましたが、やはりアメリカンタイプの大型バイク、それもハーレーダビッドソンに乗ることを夢見ていたようです。そこで大型バイクの免許を取ることにしたと聞きました」(芸能プロダクション関係者)

三浦さんは満点に近い点数で合格だったようで、結果を伝えられると「あ、本当ですか。よかったです。ありがとうございます」と教官に話す。そして微笑んでみせると、颯爽とその場を後にしていたーー。

そして、このようなツイートがありました。

春馬君はDIVERに主演予定で、大型バイク免許を取得したり、主題曲のDVD作成などの準備をしてた。
だから撮影時期が重なるカネ恋は、断った。
でも、事務所が無理やりカネ恋助演を押し付けた。

これが、真実だとしたら、悲しすぎますね。