芸能

三浦春馬さん 「外見もそうですが心も本当に美しい方でした…恩人加藤日出男先生と三浦春馬君を想い制作した曲です。」池末信さん

ソウルマティックスは、日本を代表するゴスペルグループです。

ソウルマティックスの代表を務める池末信さんが、2020年7月19日にフェイスブックで

三浦春馬さんの出会いを書いています。

三浦春馬君はキンキーブーツの出演が決まっている中、Rentに出演中のソウルマティッスの奈良木峻赫の歌に驚いて直ぐにレッスンを希望されました。
大阪在住の奈良木の代わりにアメリカから留学を終えた長谷川開が僕のスーパーバイズの上レッスンを担当させて頂き4年が過ぎました。

ソウルマティックスのコンサートや学生のコンサートまで足を運んでくれてこのような教育を若い時に受けれて羨ましいと話してくれていました。

またいつかソウルマティックスと共演するのが夢とずっと言ってくれました。

長谷川以外にも沢山いる一人一人の名前を覚えようと努力してくれていたそうです。

罪と罰の役作りの為に教会へ足を運び1時間30分ほど真剣に話を聴き演じた舞台は暫く立ち上がれない程感動しました。

春馬君、いつかブロードウェイ、ハリウッドに行こうと春馬君の夢は僕らの夢にもなりこの夢は叶わなかったけど今年行われたホィッスルダウンザウインドでは長谷川と吉田も共演させて頂いたので一つの夢が叶いましたね。

指導者の一人として導けなかった悔しさはありますが春馬君の生きた証しを胸に刻みより謙虚にこれからも学んで行きたいと思います。

外見もそうですが心も本当に美しい方でした。また逢える日まで安らかに休んで下さい。

関係者、ご家族の皆様に神様のお慰めがありますようお祈りいたします。

池末信

追伸
この曲は僕の恩人加藤日出男先生と三浦春馬君を想い制作した曲です。
シャロームとは、友達よ平安に、と言うお別れの挨拶です。