芸能

三浦春馬さん 「1日でも長く劇場にいれますように…」西川貴教さん「スタッフと役者たちを心から誇りに思います」ロバート・アンダーソンさん

2月5日、歌手で俳優の西川貴教さんが自身のツイッターを更新。

4日に発表された映画雑誌「キネマ旬報」による映画賞「第94回キネマ旬報ベスト・テン」にて、三浦春馬さんの最後の主演映画『天外者』(配給:ギグリーボックス)が「読者選出日本映画第1位」、同映画の田中光敏監督が「読者選出日本映画監督賞」を受賞したことについて。

「田中監督おめでとうございます!この受賞をキッカケに作品が1日でも長く劇場にいれますように、引き続き応援お願いします!」とコメントした。

シンプルに田中監督への祝意を伝えつつ、『作品が1日でも長く劇場にいれますように、引き続き応援お願いします!』と短い言葉の中に熱いものを感じさせてくれるコメントで、西川さんの人となりがにじみ出ているように感じます。

また、トーマス・グラバー役で出演しているロバート・アンダーソンさんも、
『日本の皆さんありがとう!!!私は『天外者』に関わったすべてのスタッフと役者たちを心から誇りに思います。そして、なによりも大切で貴重な存在!!!それはアナタたちファンです!!絶対にずっと三浦春馬さんを覚えていましょうね!!』と語っています

読者選出の「日本映画第1位」「日本映画監督賞」をW受賞したことにより、これまで『天外者』を鑑賞していない方々にも、多くの方に『天外者』が愛され支持されていることが広く知れ渡っていくことだろう。

日本全国津々浦々の老若男女が、最後の主演映画『天外者』での三浦さんの輝きを目の当たりにすることになるのではないだろうか。