芸能

三浦春馬さん Huluのドラマに主演で決まっていたが…その後、地上波の仕事が無かった?

三浦春馬さんは、カネ恋以降も公開される作品が本当にたくさんあり、またその後の仕事も途切れることなくある状態でした。

そのなかに、Huluの配信ドラマにW主演で出演することが決まっていたようです。

2020年春にはメインキャストがほぼ確定し、コロナの影響で撮影開始時期が遅れていたようですが、8月にはクランクインする予定だったみたいです。

ということは、カネ恋の撮影が終わってすぐに「ボーカリスト」のクランクインだったということになりますかね。

案の定、つかの間の休息もないままの仕事の詰め込まれ方です。それ以外にも、「せかほし」などの仕事もありますね。

有料動画サービス「Hulu」では、三浦さんが出演するドラマの企画が進んでいた。放送関係者によると、正式な情報解禁はまだされていなかったが、若手人気俳優とダブル主演の扱いで、来年の配信を目指して、晩夏に控えるクランクインの準備を進めていた。「Hulu」の担当者は「そのような企画があったのは事実ですが、詳細についてはお答えできません」とした。

また、7月18日以降にも決定していた仕事を見てみると…

・せかほしMC

・7月21日:Mステ出演予定

・8月20日:Hulu配信ドラマ「ボーカリスト」クランクイン

・8月26日にセカンドシングル「Night Diver」発売。⇒秋に東京と大阪で報道陣や音楽関係者を集めたショーケースを開催予定

・12月~2021年1月:主演舞台「イリュージョニスト」の上演予定

<その他の考えられる仕事>

・秋~冬頃「天外者」の番宣

・冬頃「ブレイブ群青戦記」の番宣

・秋~「イリュージョニスト」の舞台稽古

・「ポールスミス」アンバサダー関連の仕事

カネ恋の仕事以降、せかほしのMC以外は地上波の仕事がありませんね。

そうなってきますと、カネ恋以降、三浦春馬さんを地上波でお見掛けする機会は、ほぼなかったことが予想されます。

あれだけ主役級の役ばかりをしてきた方がなぜ?

本格的にミュージカルの道を追求し、徐々に海外の仕事にシフトチェンジするためだったのか、はたまた捻じ曲げられたマネージメントによって、「そのように仕向けられたのか」。

もちろん、地上波ばかりが仕事ではありませんから誤解があってもいけないのですが、しかし世間からの認知度や人気を保つための手段として、地上波での露出は少しは必要かなと思うのです。

かつて「あまちゃん」で一世を風靡した『のんさん』こと能年玲奈さんは、事務所とのトラブルで裁判沙汰にまでなり、本名である能年玲奈の名前を使うことができなくなってしまったこと、また小さなCM以外地上波のテレビにはまったく出てこなくなってしまいました。

あんなにも社会現象になるくらい人気が出た方だったのに、地上波でほぼ観なくなってしまいました。

三浦春馬さんの場合はどうだったのでしょうか。

ご本人の希望とは違う仕事の入れ方ではなかったことを願います。