芸能

三浦春馬さん プライベートでも親交が深かった岡田将生さん「いろんなことがありすぎて…」

俳優の岡田将生さん、今後も芸能界で生きていくことについて、母親から心配されたと明かしている。岡田さんは24日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、公開中の映画『さんかく窓の外側は夜』で共演している志尊淳さん、平手友梨奈さんとともに出演。昨年の新型コロナウイルスの影響による自粛期間を経て、仕事が再開したタイミングで実家に帰った際、母親に<やめていいんだよ>といわれたエピソードを告白した。

岡田さんは母親からの言葉を受けて、<それがずっと頭ん中に残っちゃってさ。いろんな意味を込めて言ってくれてるんだけど>と述懐。<いろんなことがありすぎて自分でも一回整理しないといけない時間って、どの人もみんなあったと思う。だけど、だからこそ今こうやって隣にいる2人とか、大事にしたいと思う人たちは特にみんなで手を差し伸べて、助け合っていきたいなって気持ちが今年は特に感じて>と、話した。

また、岡田さんは昨年7月に亡くなった三浦春馬さんとプライベートでも親交が深かった。岡田さんは<いろんなことがありすぎて自分でも一回整理しないといけない時間って、どの人もみんなあったと思う>と言っているが、その「いろんなこと」に三浦さんの死も含まれているのではないか。

三浦さんが亡くなった際には「過労状態が続いていた」、親や所属事務所との関係に問題があったという報道が相次いだ。友人を亡くした息子の精神状態が心配になることはもちろん、芸能界の過酷な労働環境にまつわる報道を目にしていたとすれば、岡田さんの母親が<やめていいんだよ>と言いたくなるのも自然なことかもしれない。