芸能

三浦春馬さん 「The Illusionist(イリュージョニスト)」海宝直人さんは「春馬くんの想いも背負って演じていました…」

昨年7月に30歳で急逝した俳優の三浦春馬さんの主演が決まっていた日英共同企画の新作ミュージカル「The Illusionist(イリュージョニスト)」の公開舞台稽古が1月26日、東京で行われた。

三浦さんの死後、代演となった俳優の海宝直人さんは「三浦春馬さんを失い、悩みながらスタッフキャストは必ずお客さまにお届けするという強い思いでやってきました」と想いを明かしている。

三浦さんの死の影響は舞台などにも大きな影響を及ぼした。海宝さんは三浦さんと互いの舞台を観に行くなど関係は深く、この「イリュージョニスト」への気持ちも強かったといわれている。

三浦春馬さんは生前、2020年6月11日に「イリュージョニスト」についてこう語っていた…

驚きを何度もくれる台本を読み、記憶に残りつい口ずさんでしまう楽曲を聴き、新たな名作のクリエーションに立ち会える事、身が引き締まる思いです。キャストの皆様とは以前から共演出来ることを強く心待ちにしていたので、とても嬉しいです。

SNSでは、

「イリュージョニスト‬⁩」素晴らしいステージになったそうです。
‎海宝さんから春馬くんへの言葉も…きっと春馬くん「ありがとう」って言ってるかな…
‎いろんな想いはありますが…

スタッフ様と春馬くんの想いも感じながら、
公演の成功と誰一人欠ける事なく、
その想いが隅々まで届くよう祈ってます。

海宝直人さん、 春馬くんの想いも背負って演じていただきありがとうございました。
ご挨拶も響きました。

といった激励のツイートで溢れています。

三浦春馬さんの想いを引継ぎ、海宝さんの人柄が良いところも現れていて、本当にアイゼンハイム役が彼で良かったと改めて思いました。