芸能

三浦春馬さん 『第44回日本アカデミー賞』「ノミネートされていない件で尚更真実を明らかにしたい想いが強くなりました…」

2019年12月16日から2020年12月31日までに日本で公開された映画の中から、優秀な作品や俳優などを表彰する『第44回日本アカデミー賞』。

1月27日、15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が発表された。

優秀作品賞には『浅田家!』『男はつらいよ お帰り 寅さん』『罪の声』『ミッドナイトスワン』『Fukushima 50』の5作品。

優秀主演男優賞には小栗旬さん(『罪の声』)、草彅剛さん(『ミッドナイトスワン』)、佐藤浩市さん(『Fukushima 50』)、菅田将暉さん(『糸』)、二宮和也さん(『浅田家!』)の5名。

昨年12月11日に公開され、現在も新たに追加上映が決まるなど評判となっている『天外者』や、『天外者』で主演している昨年7月に亡くなられた三浦春馬さんが選ばれてないです。

SNSでは、

えっ?三浦春馬さんが日本アカデミー賞の優秀主演男優賞に選ばれなかったんですか?贔屓目なしに、春馬さんすばらしかった。選考基準ってどうなってるんやろ?

天外者の春馬くんの演技は、アカデミー賞もんだったとおもう。
熱演やもん。残念やなぁ。。
私の中で一番は三浦春馬。

アカデミー賞ノミネートされていない件で尚更真実を明らかにしたい想いが強くなりました。
こんなことでは終わらせない。
世論もそう思ってくれるといい。味方につけたい。

といったコメントがあります。

優秀賞の中から最優秀賞が選ばれる受賞式は3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる。

そこで、特別賞などとして追加発表があるのか、それとも特例で来年の対象となりうるのか、『天外者』および三浦さんの受賞の行方に注目が集まる。