芸能

 『天外者』 五代友厚さんについて真摯に学び、墓前で「しっかり五代さん役を務めさせていただきます」と誓った三浦春馬さん

五代友厚プロジェクト代表の廣田稔氏が三浦春馬さんについて語ってくれています。

今回、まるで五代と一つになったかの演技を見せてくれた三浦春馬君。

2019年の撮影でしたが、主演が決まってから五代さんについて真摯に学び、9月25日の慰霊祭には個人として参加をして、墓前で「しっかり五代さん役を務めさせていただきます」と誓ってくれました。彼によって五代さんの人生を映像にでき、五代さんとの出会いを、映画を観る方に与えてくれました。

彼の残した「日本製」の本のインタビューの項で「五代さんを演じ史実を扱う責任の重さや自分の意識の変化を実感した。」「プロジェクトがあり、一つの作品を作るうえでこんなにも大勢の方が関わっているという実感をいつも以上に感じられる現場だった。」「五代さんを演じた期間はとても充実していたし、三浦春馬という俳優としても、ひとりの男性としてもベストを尽くすことができたと胸を張って言える作品になった。」と述べてくれています。

また、公開をともに楽しめなかったことが、本当に残念でなりません。彼には演技者としてもっともっと伸びて深めて生きて欲しかったです。

三浦君の渾身の演技が光る作品ですが、いろいろ欲張りすぎて、散漫で深まりに欠けた印象を持たれたり、歴史的背景を知った上でないと分かりにくいところもあろうかと思います。
ぜひ幕末明治の歴史、若き人々の台頭、当時の海外の情勢を押さえてから、振り返ってください。

あるいはもう一度観てください。そして仲間と話し合ってください。五代さんの生き方から何を汲み取るのか、これからの世の中に自らがどう関わっていくのか、この映画がきっかけになることを祈ります。
最後に、五代友厚と三浦春馬君のご冥福を心よりお祈りします。