芸能

三浦春馬さん 「この人の努力の量は俺なんかが想像出来る範疇を超えてる…」水田航生さん

三浦春馬さん、水田航生さん、2人は同じ芸能事務所「アミューズ」所属で、同じ1990年生まれ、自他ともに認める親友の間柄でした。

昨年の7月20日、三浦春馬さんが旅立ってからすぐの水田航生さんのブログから…。(一部抜粋)

大好きな友が空に旅立ちました。

我ら90年生のスターで沢山話して時間を共にした友で、時には俺が叱る時もあり、同い年だけど俺の憧れでもあり、役者としての目標でもありました。

いつも俺の何歩も先を歩いてて悔しかった。

誰にでも分け隔てなく、リスペクトをもって学ぶ姿勢を常にみせてくれました。
そして、その答えをしっかりパフォーマンスで魅せてくれました。

何年か前、彼がとある舞台の準備中、珍しく弱音を吐いて、一緒に温泉行って色々話した事がありました。

初めてアイツの舞台の本番を少し心配な気持ちもあって観に行ったんですけど、勿論最高のパフォーマンスでした。想像を遥かに超えた。

楽屋でお前ふざけんなよ!!!最高やんけ!て嬉しさと、なんかやっぱり悔しさとがありながら言いました。
それと同時にあの温泉の日から初日までの期間を想像すると、、並大抵な事じゃない。
この人の努力の量は俺なんかが想像出来る範疇を超えてる。と。

しかしその裏での努力をあまり人に感じさせない姿を常に魅せてた。
俺はそれがカッコよくて、プロフェッショナルで、
そうなりたいって心から思えた。

大好きな友、春馬。
ありがとう。ゆっくり休んでな。
ご冥福をお祈りします。