芸能

三浦春馬さん 『銀魂2』と『カネ恋』の顔が全く別人 『カネ恋』の追悼テロップだけおかしい… 

俳優・三浦春馬さんが昨年7月に逝去してから半年。地上波放送に登場した三浦さんを 見守った視聴者からは、改めて懐かしむ声が巻き起こった。そんな中、亡くなった当時との様子の違いを訝しむ人も現れ、話題を呼んでいる。

1月16日、三浦さんが特殊警察・真選組の参謀である伊東鴨太郎役で出演している映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が地上波初放送された。

そんな中、「『銀魂2』と『カネ恋』の顔が全く別人」と指摘する人も。「いくら役柄が違うといえど、数年でこんなにも変わるものか…」「この頃から、迷いや悩みなどの葛藤が始まったのかな」など三浦さんの表情の変化に着目したコメントには多くの共感が寄せられた。

そして、このようなツイートがありました。

カネ恋の追悼テロップだけおかしい 並べてみた↓
①コンフィデンスマンJP
②せかほし
③太陽の子
④カネ恋
天外者は三浦春馬さんに心から感謝と追悼の意を表します
普通、敬語だよね?

『銀魂2』のエンディングにも三浦春馬さんの「追悼文」が流れました。

『カネ恋』は三浦さんが死の直前まで収録をしていた作品ですが、視聴者が疑問に思う演出が多かったという指摘や、三浦さんが明らかに激ヤセしているという声もありました。

いまなお、三浦春馬さんの死を乗り越えることができないファンの数は非常に多く、今後も過去の作品等への注目は消えないだろう。