芸能

三浦春馬さん 字までも美しい「30代のビジョンを直筆で書いたと思われるメモ」想いのすべてが字に表れている…

三浦春馬さんが29歳の時に、30代のビジョンを直筆で書いたと思われるメモの画像が、公開されていました。

「30代は迷っている暇はない 漠然と思い描いていたビジョンを具体的に

カタチにしていく年代だと思っています。2020年 29歳 三浦春馬」

なんてきちんとした字なんでしょう。こんなに丁寧に字が書けるなんて、本当に心の美しい人です。

作品は残るけど、春馬くんが身につけたスキルは春馬くんだけのもので、単独では残せないから、、、一緒に失われたスキルの高さと努力を考えると、虚しく悲しい。

春馬さんの想いのすべてが字に表れているように感じます。”迷っている暇はない”と強く思いながら30歳を迎え、一生俳優をやりたいという言葉もありましたが、演技指導者も30代からの思い描くビジョンのひとつだったのかなと思います。

字は思う所あって練習していたのかも?知れませんね。私は字よりも文面に興味を持った。この内容をみたらどう考えても自死する人のものでない事がはっきりもはっきり過ぎます。反対にビジョンは見えていてそれに向かって進もうとしている決断が垣間見える。

字が美しいのはもちろんなんですが、ピラミッド型の文字の配置にもセンスを感じます。きっと、絵もお上手だったのでは。多彩。多彩ゆえに、苦悩もまた、あったのかなあ。

こんなにしっかりビジョンを掲げている彼が途中で諦めるはずはない!と確信しています!真実を必ずや明らかに!!