芸能

三浦春馬さん ファンの怒りが再燃「カネ恋DVD化」に拒否反応が多数 TBS側は否定

いまなお、三浦春馬さんの死を乗り越えることができないファンの数は非常に多く、今後も過去作品等への注目は消えないだろう。

世間からも「半年経っても傷が癒えない」「今でも嘘だと思いたい」など、心の整理がつかないファンは非常に多いようだ。

そんな節目が近づいた折に、ファンの“怒り”が再燃するような出来事が起こっている。

松岡茉優さん主演ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」のBlu‐ray&DVD-BOXが、3月5日(金)に発売される。特典映像には、北村匠海さんが主人公のParaviオリジナルストーリー「恋の切れ目がおカネのはじまり?」が全話収録されるほか、インタビュー、メイキング、ドキュメンタリーなどが収録されるとのことだが……。

「ファンからは『春馬さんが亡くなる前日まで一生懸命撮影された作品なので、本来ならば大切に観たいのですが・・・なかなかそういう気持ちになれません』『買いません!三浦春馬さんへの愛やリスペクトが感じられない演出だったから』『甘えん坊の憎めない御曹司の役のはずの春馬さんがだんだんと痩せて声も細くなり気力がなくなっていく様子がテレビ越しにも分かるとても悲しいドラマでした』など、拒否反応が多数ですね。

『カネ恋』は三浦さんが死の直前まで収録をしていた作品ですが、視聴者が疑問に思う演出が多かったという指摘や、三浦さんが明らかに激ヤセしているという声もありました。

TBSはこういった情報を否定していますが、ネットで一度広まったウワサは止まりませんからね。

急逝から半年のタイミングでのDVD発売の告知ということで、余計批判が増えている印象です。

特典やメイキングに、まだみたことない三浦春馬さんの姿はあるのだろうか。