未分類

三浦春馬さんとJUJUさんの関係「あざみ」という曲が、春馬さんに歌っているように聞こえる。

JUJUさんと三浦春馬さんは、NHKの「せかほし」で2年ほど共演されていました。

最初こそお互いよそよそしかったものの、そのうち打ち解け番組内でも仲が良いところが随所に出ていましたね。

実際に、プライベートでも一緒に眼鏡を作りに行ってお揃いの眼鏡を購入したり、JUJUさんの家に遊びに行ったりしていたようですしね。

JUJUさんは三浦春馬さんより15歳くらい年上ですから、きっと三浦春馬さんも甘えられるし居心地が良かったのでしょう。

また、JUJUさんは歌が上手(というかプロ)で英語もペラペラ、料理も大変上手だと聞きますから、そういった意味でも三浦春馬さんにとっては尊敬すべき相手だったと思います。

そんな、友達というよりは姉弟のような関係性だった三浦春馬さんが亡くなったときの、JUJUさんの気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。

家に遊びに行くくらい仲が良かったのですから、何かしら悩み等聞いていたとも思われるので、JUJUさん余計に辛かったでしょうね…

また、JUJUさんの「あざみ」という曲が、三浦春馬さんに歌っているようだと話題です。

永遠に繋ぐ時間の中で途切れたまま色褪せぬ人。ひとり生きるには長すぎて、でも忘れるには短すぎて。時が過ぎて跡形もなくこの身体が形失う時あざみの花が揺れる場所でまた逢えるとそう言ってください。

JUJUさんの「あざみ」の歌詞の一部です。
YouTubeで聴けます。

ひ聴いてみて下さい。